NetBSD で Nodejs latest をインストールする際にはまったTips

@aintek on Wed Jan 09 2019
2.5 min

目次

動機

Nuxt.js 2.0がリリースされたため、開発環境(NetBSD)のNodejsのUpdateもついでに行おうとしました。

pkginによるインストール

NetBSD8 でNodejsをpkginでインストールすると、Nodejsのバージョンは8で古く、npmコマンドが内包されていませんでした。
ここで、pkgsrcから入れるようにします。

make でエラーが発生

% cd /usr/pkgsrc/lang/nodejs
% sudo make configure
% sudo make install

上記の手順によってインストールを行うと、以下の箇所でエラーが発生しました。

"/usr/local/src/node/out/Release/obj.target/v8_snapshot/geni/snapshot.cc"

解決

はじめはOOMが出ていたので、メモリ不足だと思っていましたが、
同様の事象を探していると、以下のissueがありました。
参考: github
このissue ではAmazon AMIですが、NetBSDでも同じようにconfigureのオプション --without-snapshot を追加します。
make configure --without-snapshot のようにオプションを指定できないので、以下のようにMakefileを修正します。

CONFIGURE_ARGS+=    --with-intl=system-icu --without-snapshot

上記のように修正することで、sudo make install で正常にインストールすることができました。

まとめ

NetBSDでNodejsの最新バージョンを入れることができました。
もし別のもっと良い修正があれば教えてください。

余談

pkgsrc の npmをインストールする際、node10ではなく、node8が必要とのことで、アンインストールしました…

日別に記事を見る
興味のあるタイトルをクリック