マイナンバーの扱い

@aintek on Mon Sep 24 2018
0.5 min

マイナンバーは、だれもが如何なる目的でも扱えるわけではなく、ある制約が存在します。

  • 行政事務において法令で定められた処理に対して利用でき、それ以外の目的で利用することはできない
  • 国内に住民票がない場合は、マイナンバーを発行することができない(住民票コードを元に作成するため)
  • 情報漏えい等の不正利用の可能性がある場合は、本人からの申請または市町村長の職権により、マイナンバーを変更可能
日別に記事を見る