2要素認証アプリの移行手順

@aintek on Sun Feb 10 2019
4.3 min

目次

2要素認証とは

"二要素認証とは、『ユーザだけが知っている何か』『ユーザだけが所有している何か』『ユーザ自身の特性(指紋など)』のうち、2つの要素を組み合わせてユーザの身元を確認する仕組みのことです。 "
引用元: 二要素認証の種類

というわけで、2要素認証はログイン等の認証が必要な場面において、1つ目の要素(例えばパスワードなど)以外に、もう一つの要素(例えば秘密の質問など)を入力し認証する仕組みです。
1つのパスワードで管理するよりも、2つのパスワード(のようなもの)で管理すれば安全だよね!という発送ですね。

エンジニアの世界で利用される2要素認証アプリ

エンジニアの世界と言ってしまっていますが、正直なところ私の周りだけの話かもしれません。すみません。
私の周りで利用される2要素認証アプリは以下の2つです。

  • Google authenticator
  • Authy

そこで、今回は上記2つのアプリケーションをスマートフォンで管理している前提で、これらを新規に購入したスマートフォンに移行する手順を示したいと思います。

Google authenticator の移行方法

Google authenticatorの場合は、アナログなやり方で行う必要があります。

おおまかな流れは以下のとおりです。

  • Google authenticatorを利用しているアプリケーションを開く。
  • 当該アプリケーションの設定画面等から、2要素認証の設定画面に行き、2要素認証の再設定にてQRコードを表示する
  • 新規購入したスマートフォンにGoogle authenticatorをインストールし、上記で表示したQRコードを読み込む
  • 新規スマートフォンのGoogle authentictorにて表示された認証コードを、アプリケーションの2要素認証設定画面で入力する
  • アプリケーションからログアウトし、再度アプリケーションにログインする
  • 2要素認証の入力画面にて、新規スマートフォンのgoogle authenticatorに表示された認証コードを入力してログインできることを確認する
  • 古いスマートフォンのGoogle authenticatorから当該アプリケーションの2要素認証の設定を削除する
  • これを全てのアプリケーションで繰り返す

以上となります。
要は、新規スマートフォンのGoogle authenticatorを利用するように再設定していくイメージです。
大変ですね。。。

Authy の移行方法

こちらの場合は、authy のバックアップ機能を利用します。
ただし、スマートフォン→スマートフォンという移行である且つ電話番号が以前のものと同じ場合となります。

  • 古いスマートフォンでauthyの復元パスワードを設定する
  • 新規スマートフォンにAuthyをインストール
  • "phone call"または"SMS"にて登録する
  • パスワードが求められるため、古いスマートフォンで登録しておいたパスワードを入力

以上となります。
簡単ですね!

最後に

最近は、クラウド環境を利用する機会も多く様々な場面でクラウド環境を利用するために2要素認証を採用することがスタンダードとなっています。
スムーズに移行を行い2要素認証ライフを!

参考

日別に記事を見る