Linux Mint で mintbackup が落ちる時の代替コマンド

@aintek on Wed Jan 09 2019
2.3 min

目次

前提

  • Linux Mint 18(sarah)を利用しています

dpkgとtarを利用するべし

mintbackupの役割は大きく分けて、4つあります。

  • インストールしたパッケージ一覧(または一部)のバックアップ
  • ホームディレクトリ(または一部のディレクトリ)のバックアップ
  • パッケージの復旧
  • ホームディレクトリの復旧

dpkgを用いたパッケージ一覧をバックアップと復旧方法

パッケージ一覧は、以下のコマンドで取得可能です。

 dpkg --get-selections

これをファイルに出力しておけば、復旧時に読み込むだけで復旧可能です。

dpkg --get-selections > package.lst

また、パッケージの復旧は、以下のコマンドで復旧できます。

dpkg --set-selections < package.lst

tarを用いたディレクトリのバックアップと復旧方法

ディレクトリのバックアップは、以下のコマンドで取得可能です。

tar zvcf <バックアップを保存しておくファイル名> <バックアップしたいディレクトリ>

また、ディレクトリの復旧は、以下のコマンドで復旧できます。

tar zxcf <バックアップを保存したファイル名> -C <バックアップしたディレクトリを配置したいディレクトリ名>

なお、tarの中身を事前に確認しておくと、尚良いです。

 tar tf <バックアップを保存したファイル名>

この時の、中身が(ここではバックアップを保存したファイル名をsample.tar.gzとします)、

<ディレクトリ名>/<ファイル名>

のようになっていれば、

tar zxcf sample. tar.gz /usr/src/

とした場合、

/usr/src/<ディレクトリ名>/<ファイル名>

のような形で解凍されます。

以上。

日別に記事を見る