ビッグエンディアンとリトルエンディアン

@aintek on Mon Sep 24 2018
0.7 min

ビッグエンディアンとリトルエンディアン・・・混乱しますね。

上記の覚え方は、

  • 人が直感的にデータの並びを意識しやすいのが、ビッグエンディアン
  • その逆で、コンピュータがデータの並びを意識しやすいのが、リトルエンディアン

です。

例えば、データの並び(ABC123)があったとして、メモリに格納される順番も同じであれば(メモリアドレスの若い方からABC123と格納される)、ビッグエンディアンとなります。
一方、データの並び(ABC123)が、メモリに321CBAと格納される場合は、リトルエンディアンとなります。

日別に記事を見る
興味のあるタイトルをクリック